banner

必要な手続きの流れ

株式会社設立に必要な手続きの流れ


起業ブームといわれる現在、株式会社設立を志す起業家が増えてきています。株式会社設立の手続きは発起人が行います。社長となる人物が発起人であることが多いです。

株式会社設立に必要な手続きの流れは以下のようになります。

まず始めに、印鑑を作成します。会社の運営に必要な印鑑は社長の実印、会社の実印、銀行印の三つです。このうち、社長の実印は既に持っているものを印鑑登録すれば流用することが出来ます。会社の実印と銀行印は混同されることも多いですが、会社の実印は法人の登記や議決事項の承認などに用いられるもので、銀行への預け入れや融資の際に用いる銀行印とは別のものです。それぞれ個別に用意する必要があります。

次に、会社の組織や株主に関する地位などを規約とする定款を定める必要があります。定款には必ず記載しなければならない絶対的記載事項、定款の定めがなければその効力を生じない事項である相対的記載事項、定める必要はないが、任意に会社の基本的事項として定める任意的記載事項があります。株式会社設立にあたっては絶対的記載事項だけでも良いのですが、一般的には相対的記載事項と任意的記載事項も定めます。この定款によって、株式会社設立の目的や商号、出資金の額など法人としての決まりが定められることになります。

定款の作成を終えたら、その定款の認証を受けなければなりません。公証人役場にて認証代や印紙代などを支払い認証を受けます。

次は、定款で定めた額の出資金を払い込みます。残高証明書を発行してもらえば、出資払込金を証明する書類として機能します。

最後に、会社の本店所在地を管轄する法務局に設立登記申請書を提出します。この際に印鑑証明書や認証を受けた定款、出資金が払い込まれていることを証明する残高証明書などの書類が必要になります。

この設立登記申請書は、提出した日だけでは終わりません。後日法務局に赴いて、受理されたことを確認する必要があります。この受理された日に登記完了となり、株式会社設立が完了したことになります。

このあとにも法人設立届出書や労働保険、雇用保険関係の届け出が必要になりますが、株式会社設立までに必要な手続きの流れとしては以上のようになります。

会社は、設立しただけでは意味がありません。経営をスタートさせ、利益を上げながら会社を設立した目的を達成するために日々努力し続けなければならないのです。初心を忘れない経営を心がけましょう。

Copyright(c) 2017 株式会社設立、合同会社設立を考えた時にかかってくる手続きと税務を知ろう All Rights Reserved.